離婚することになった

スポンサーリンク

1 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 17:35:00 ID:TjQOyxsT.net
初めて投稿しますので、不手際なところがあると思いますが、スレ立ったら話しはじめます。

相談なのか、愚痴なのか、何故スレを立てるのか理由が自分でも分からないままいても立ってもいられず…少しずつ吐き出します。

まず、基本情報(身バレ対策に多少のフェイクあり

スレ主は(26歳 男 年収500万 結婚一年後に新築をローンで購入)
嫁は(24歳 共働き 年収300万)
2年の職場恋愛を経て2年前に結婚しました。
その後、嫁は転職し、現在の職場は別々です。
結婚し、同棲を始めるまではお互い実家暮らしと言うこともあり、共働きで疲れ果てた状態で帰宅し、お互い不慣れな家事を協力しながらも幸せに暮らしていました。

2 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 17:55:27 ID:qH1P8fCg

ほうほう、それで?

3 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 18:11:56 ID:TjQOyxsT

1です。続けさせてもらいます。
子なしですが、夢のマイホームを目指し、
頭金を貯蓄し、1年前に家を建てることが
できました。居心地が良く、
共通の友人を誘って楽しく遊ぶ日々を
満喫していました。
妻は完璧主義的なところがあり、
仕事を頑張りながらも夕食や、
翌日のお弁当を頑張って作ってくれていました。
それが数ヶ月続くと流石に体力的に限界が来たのか、
ノイローゼ気味になり、
一緒に過ごす時間の中で、
イライラしている時間が多くなりはじめました。
私はそれをみて、無理しなくてもいい、
たまには休んで欲しい事を伝えましたが、
なかなか妥協できないようでした。
今思えば、私が今日は僕が料理するね、
とサラッと言ってあげられればよかった
のかもしれません。洗濯やお風呂掃除、
調理中や食後の皿洗い、買い物のドライバー
等は率先してやっていたのですが、
料理や、買い物のレシピを考えたりすることは
妻に任せっきりでした。
結婚当初は料理をすることは好き、と言って
くれていたのですが、
この頃から嫁のイライラも増え、
喧嘩までは行かないまでも、
どんよりした雰囲気の時間が増え、
調理を手伝っていても私の手際の悪さに
キッチンに入らないで欲しい、
と言われることもありました。

4 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 18:31:22.15 ID:TjQOyxsT

妻の負担を軽減したい気持ちがありながら、
うまくサポートできない自分を歯痒く思い、
結婚して2人で暮らしていくのはこんなにも
大変なものなのか、と痛感する日々でした。
そんな日々でも、休日に、友人が遊びに来て
くれる事を心待ちに、2人でおもてなしして
楽しく過ごす時間になれば本当に結婚して
よかった、家を買ってよかったと感じています。
妻はその度に張り切って様々な準備をして
いました。それもいつしか負担になっており、
私が事前に予定していなかった友人の誘いを
受け、家に招き入れました。翌日の朝から
仕事があるにもかかわらず、妻も受け入れてくれ、
楽しく過ごしてくれていたように見えました。
翌日の仕事から帰ると、妻と先日の事で口論に
なりました。妻は『明日の予定も考えずに予定を
勝手に入れないで欲しい、
友達と遊ぶことは構わないが、時間や頻度、
常識をわきまえろ』と、言うことでした。
私と友人が遊んでいるときには一緒に楽しく
過ごしていた様子で、私はその姿に安心しきって
甘えていたのです。そんな風に思っているなんて、
そんなに負担をかけていたなんて露ほども思って
いませんでした。そのことは反省し、
謝ったのですがそれでは収まらず、
妻は日頃の生活で疲れていること等を
私にぶつけました。

5 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 18:38:06 ID:TjQOyxsT

妻曰く、
『日々の生活に追われすぎていて、
人間らしい生活ができない、
手伝ってくれているのはわかるけど
しんどいときには休ませて欲しい、
結婚前と比べてどこかへ一緒に出かけたり
する頻度も減ってしまっている。
写真もいっぱい撮ったりしたのに、
結婚してからあなたからどこかへ出かけたい、
とデートに誘ってくれたりした覚えがない。
こんなに日々辛い思いをしながら一緒に
暮らしていくことに意味を見出せなくなってきた。
そして、これからも何十年も一緒にいることを
考えたら急にあなたへの思いが薄れ、なくなって
いることに気づいた。』
と、続け様に言われました。

6 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 18:38:44 ID:TjQOyxsT

>>2
反応ありがとうございます。
続けられるよう頑張りますので、遅いですがよろしくお願いします。

7 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 18:43:26 ID:TjQOyxsT

私はこれに対していくつか反論しました。
家事を休むことは悪い事ではない、休んでもいいと日頃言っている。デートの頻度は減ってしまったし、そこにかける費用も生活費や住宅ローンに回った関係で減ってはいるが、出掛ける場所などの提案や、デートへの誘いはしてきている。等々。
妻の気持ちは無視して、正すべきところは事実を述べて否定したのです。

8 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 18:49:43.73 ID:TjQOyxsT

それを受け、妻はさらにヒートアップ。
ここからの話は罵声等に意識を取られ、
あまり覚えておりません。その中で、
妻は私を引っ掻き、突き飛ばして部屋を
出ようとしました。私はその行為にカッとなり、
服の袖を強く掴んで押さえつけました。
その瞬間、しばらく沈黙が続いたのをよく
覚えています。次の瞬間、妻から
『取り返しのつかないところまできてるよ』
と言われ、ハッとなり、すぐに手を離しました。
妻はそのまま家を出て行きました。

9 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 19:06:49 ID:TjQOyxsT

翌日、妻は帰ってきました。ですが、
一言も話しません。私が話しかけても、
謝っても、反応してくれませんでした。
3日間続きました。

3日後の夜、寝る前に話しかけるとようやく
口を開いてくれましたが、その口から
『離婚届持ってきて。話はそれから』と。
離婚なんて…どうにか冷静に踏みとどまって欲しい、
と伝えるも、また反応が無くなりました。
とっくに役所はしまっている時間だったので、
コンビニでダウンロードしたものに署名し、
妻に手渡すと、妻もそれに署名し、
『これ出しといて』と。

10 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 19:33:39 ID:LFaVqfex

話し合いのなかで、口論になり、手を上げられたことがきっかけで
更に妻の気持ちは完全に離れてしまったそうです。妻の暴走を
止めようとして押さえた、と言う私の一方的な言い分も、妻から
してみれば恐怖の対象であり、暴力だったのでしょう。
そのことは全面的に謝罪し、これからも一緒に生きて行きたいことは
伝えました。自分の至らないところ等は変わっていくことも、
その具体的な方法も考え、伝えました。そうすると、
来年までに妻の気持ちが戻らなかったらそれ以上は無駄に生活を
共にすることになるからら離婚しよう、と言う条件提案され、
その条件を飲む形になりました。

喧嘩した日から違和感を感じながらですがほんの少しですが、
穏やかな生活にもどりました…その間にも、妻はイライラがおさまらない日もあり、
それを私は必死でフォローしました。ですが、離婚届を書いたあの日から
一ヶ月程の昨日、妻から『やっぱり手をあげる人とは一緒に生きていけ
ない、離婚したい』と言われました。私としては、一方的にしたこと
でも無くて、自分のしたことは全部棚に上げておいて私がそれを
やめさせようと服を掴んだ事だけそんな言われ方を
されるなんて…
と、正直なところ思いますが、妻の神経を逆撫でするだけなので伝えていません。
それに、社会的に見たときには男と女のこんなトラブルになったとき
悪いのは絶対男で、モラル的にもいけないこととは理解しております。
叩かれても何を言われてもその時私は男として全部我慢しないといけなかった
のは頭では理解してるが余裕のなかったその時の私にはそんなに簡単に
できることではありませんでした。自分の中でも人を傷つける事はあり得ないことで、
怪我をさせない程度に掴むくらいなら大丈夫だと、
その時の余裕のない自分は自制が効かなかったのです。
全ては私の至らなさが招いた結果でした。

11 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 20:03:41 ID:LFaVqfex

妻の立場ならたとえ自分から手を出したとしても、
普段は温厚な私に掴まれて怖かったろうし、ショックだったと思います。
だから、悪かったと思って本当に何度も何度も後悔も反省もして
何度も謝りました。
それでもやはりショックは大きいようで、あの時腕を思いっきり掴まれた!
と、言われています。私は服掴んだ以外は神に誓ってしていませんが、
そのように捉えられています。ただ、それくらい怖かったのだろうし、
それほどまでに悲しい気持ちにさせてしまった、と言うことには
間違いないありません。私が反省してることは妻にも伝わってる
らしいのですが、ここまで必死に謝って私が引き止めるのも、
家買ってしまったし、結婚式もしてしまったし…とか、世間体的な理由とか、
経済的な理由で私に離婚をするのを引き止められてるような気がしているみたいで、
私の妻対する気持ちも分からなくなってきたようです。
確かに離婚となると今後話していくべきところで、大切な話ではあるが、
離れたくない理由はそんなことではなく、
一緒に生きていきたいからなのです。
でも今はその信用もないし、気持ちがついてこないまま暮らしてるのも
夫婦として辛いから、離婚届をだして戸籍上離れてもとりあえず暫くは
そのまま2人で暮らし続け、それでもやっぱりこれからも一緒にいたいって
もう一度お互い思いあえたら、復縁できると思うし、
そのまま別々に生きていくかもしれへん。
と、妻から昨日伝えられました。私はそれを今まで何度も何度も止めてきたが、
妻の気持ちをこれ以上無視し続けて一緒に暮らしていくこともできないので
不本意でも離婚届を受け取ることになった。

両親には本当に結婚前から色々あった中でも式に出てもらったり、
いつもサポートしてくれてたのにもこんな結果になってしまって
本当に情けないし申し訳ないが、今日の夜、
協議離婚なので、離婚届の署名欄にサインしてもらう予定。
ここまでが今日までの話です。
そして今から、実家に久々に帰ります。

12 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 20:04:03 ID:LFaVqfex

どなたか見てくれてますでしょうか?

13 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 20:09:55 ID:iDDHiq0K

とりあえず見守っている

14 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 20:46:02.43 ID:qH1P8fCg

20代かぁー。
若いうちはぶつかって話し合って
家のルールを作っていく時期なだけに
離婚って聞くと他人事ながら
なんとも悲しくなるなぁ。

15 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 21:01:21.41 ID:LFaVqfex

皆さまありがとうございます。
最後まで見届けてください。
円満に、人並みに幸せに暮らしていくことが
私の夢でしたが、そんな夢すら叶えることの
できない至らずな人間でした。

あれから紆余曲折を経て、私の家に両家の両親が
今から15分後に集まることとなりました。
いつ話が終わるかわかりませんが、
またお伝えさせてください。

16 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 21:02:20.72 ID:LFaVqfex

すみません、数回前より、自宅に帰りましたので、iD変わっていますが1です。

17 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 23:23:09 ID:gV26Disn

完璧主義にとって共通の友人が家に遊びに来るとかマジ負担なんだよ
女って人前では絶対本音言わないから、楽しんでるように振る舞うんだよ
うちのも、油断すると気軽に共通の友人呼びやがろうとするから阻止してる

18 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 23:23:39 ID:LFaVqfex

1です今戻りました

19 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 23:29:34.54 ID:LFaVqfex

>>17
やはりそうなのですね、人前の様子に完全に甘えてしまってました。

20 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 23:33:47.69 ID:LFaVqfex

報告です。
結果から言うと、まだ署名はもらっていません。
ただ、今から復縁する事は難しそうです。
お互いの両親も復縁を説得してくれてはいたのですが、
妻の意思は固いと分かると、そう言うわけには行かず。
お互い納得して円満に離婚するか、ここから2人やり直していくのか、
今のご時世ですから、形に拘らずに席は外して、ルームシェアのような形で
暮らしてみるか、等の話が挙がりましたがまとまらないまま、
あとは当事者同士で話すようにと、帰って行きました。

21 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/18(月) 23:54:40.67 ID:LFaVqfex

両家の両親が帰ってからの話です。どうにかやり直せないか妻に
聞いていますが意思は固く、もう自分の中では話がついているようです。
妻『私の中ではもう終わっている。私の中で、嫌なこと、して欲しくないことを
されたことはどれだけ謝られても永遠に消えることはないし、それが積み重なって
一定のボーダーを超えてしまうともうダメ。いくらあなたが他にどれだけ
いいところがあって、それが嫌なこと等のボーダーを超えていても
嫌なことのボーダーラインを一度超えてしまうともう無理』と、言われました。
その言葉を前にかける言葉も見つからない状態です。
これからどれだけ自分がいくら変わろうとも、いいところを増やしていっても、
過去に起こした過ちは消えることはない。
望める事ならばもう一度やり直したいのですがその願いは叶いそうにありません。

22 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 00:09:40.93 ID:p65h6R4K

私に残された手段は私にとって望むものはありません。ただ、残された手段からのみ、
選択を迫られています。円満な離婚、双方納得する離婚となると、
私は未だに気持ちが処理しきれず、どうすればいいか分かりません。
悩んでも良い案なんて浮かぶわけもなく、覆水盆に返らず、とはこのことだと。
ただただ後悔することに浸っています。
籍を外してルームシェア…
お互い恋人、もしくはそれ以前に戻って、気を使いあっていた頃のことを
思い出せるのでは?と言う提案の中生まれた、義母からの案でした。
綺麗に気持ちを割り切ることが出来るのであればいいのですが、
うまくやれる気がしません…

23 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 00:21:23.84 ID:9DJHroZe

諦めて別れて新しい人探すが吉

24 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 00:22:23.32 ID:p65h6R4K

お見苦しい姿、文章をお見せして申し訳ないです。

妻がお風呂に入っている間1人で考え込んでいます。
葛藤しながらも自分なりに前を向いて生きていくこと、
どうにかやり直せないか、と言う甘い考えを捨てることを決意しました。
これからお互いが前を向いて進めるように、より良い別れ方を夫婦の
最後の共同作業にしようと思います。
これから新築のローン、3100万円が重くのしかかることとなるでしょうが、
お互いの将来のために、最善の方法を模索したいと思
います。
さて、何からとりかかればいいやら…

25 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 00:26:51.01 ID:p65h6R4K

>>23
そうですよね…!前に踏み出そうとしても勇気がいるので、
ご意見いただけて嬉しいです、ありがとうございます!
当分は自分の至らなさを痛感したので積極的に探せるかは
分かりませんが、人生まだまだこれからですよね!

26 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 00:37:58 ID:p65h6R4K

お風呂から上がってきたら、円満離婚に向けて今後話を進めていくことを
決意した旨を伝える予定です。
お風呂から上がってきて、これを伝えたらもう戻れない、
何て思ってしまう自分がいます。既に戻れない所に来ているのに。
決意だけは揺らがないよう、ここに書き込んでいるような、
今、そんな意味を見出しました。
勝手ではありますが、見ている方、見届けてください。

27 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 01:23:18.14 ID:VDAblf/l

色々思う事はあるけど他人の事言える人間じゃないからこれだけ
1が友達を頻繁に呼ぶ=奥さん料理作ったり酒用意したりしてなかったか?
奥さんいつ休んでいつ気分転換してたんだろうな

28 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 02:44:50 ID:Bk73yWbJ

読んでるだけで疲れた。
そりゃあ疲れると思う。ある程度前から友達が来るって言ってくれてるならまだしも、いきなり友達が来る予定いれて妻も楽しんでくれていたと思ってました、とか馬鹿らしい。
妻からしたら、せっかくの休日なのに仕事入れたれたような感覚だったんだろうね。

29 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 05:31:32 ID:PgIskDaL

つ「察しない男 説明しない女 (五百田達成著)」

30 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 07:13:06 ID:QvLtMt86

見てるよ!
年齢はこちらがだいぶ上かと思うけど、うちも似たような状況で見てたら、たまたまこのスレにたどり着きました。
昨夜は色々考えて、一睡も出来ずです。

前向きな方向へと考えが及ぶこと、時間が解決してくれるを言い聞かせてますが、なかなか難しそうです。

31 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/19(火) 08:11:23 ID:lmlqYY2S

こうなったら全力で承諾するしかないよ
今後一切引き留めようとしちゃ駄目
引き留めれば引き留めるほど相手の心は離れていくから
逆に全力で承諾すれば相手は時を経てそんな貴方に敬意を抱くかもしれない
承諾するというのは何より相手への敬意に他ならないのだから

49件をまとめました。
最新情報はこちら

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク